矯正中の歯はホワイトニングできるのか

MENU

歯並びや歯を白くする治療について

ホワイトニング

 

普段は自身の歯をあまり気にしていないという人もいるかもしれません。しかし、ちょっとしたことで歯並びや歯の色が気になってしまうこともあります。

 

気になり始めたら徹底的に綺麗にしたいという人もいるでしょう。

 

矯正中の歯でもホワイトニングできるのか気になっている人もいるかもしれません。

 

治療中はブラケットを装着しているため、人の視線が口元に集まりやすくなっています。そのため歯が気になってしまうことも多いでしょう。しかし、基本的に矯正中のホワイトニング治療は行われていないということです。これはクリニックで行われる治療だけでなく、自宅で行う治療の場合も同じとなっています。

 

なぜホワイトニング治療ができないのかということですが、歯並びを良くするためにブラケットを装着するためです。ブラケットはただ歯にくっつけているわけではありませんし、歯の表面を少しだけ溶かして取り付けているということです。

間違ったケア方法を行うと痛みが出ることも

矯正中にホワイトニング治療を行った場合、通常よりも痛みを感じやすくなると言われています。

 

また、ブラケットをつけているので薬剤を歯の表面にしっかり塗れないこともありまうし、色むらが出やすいというデメリットもあります。ホームホワイトニングではクリニックよりも刺激の強い薬剤を行っており、痛みなどは起こりにくいとされています。

 

しかし、ブラケットをつけたままだと薬剤をきちんと塗れないことは同じですし、きちんとしたホワイトニング効果を得られないと言えるでしょう。基本的にホワイトニング治療は矯正が終わってから受けることができます。

 

具体的にはブラケットが外れて歯の状態が落ち着いたら始められるということです。

 

しかし、とりあえず歯の黄ばみを落としたいという人もいるかもしれません。その場合はドクターと相談してみると良いでしょう。先にホワイトニングを受けることもできますが、その場合は効果があまり持続しないことが考えられます。歯というのは一度白くしてもその効果がずっと続くわけではないので注意しましょう。

治療前にドクターに相談すると良い

歯というのは普通の生活を送っていても黄ばみが出てしまうことが多いです。

 

白くて綺麗な歯をキープしたいという場合、数ヶ月に1回くらいのペースでホワイトニング治療を受けると良いでしょう。ちなみに、矯正中はそのメンテナンスができなくなりますし、先に歯を白くしてもブラケットが外れるまで満足なケアができないということです。

 

歯並びを綺麗にして歯を白くすることにより、見た目の印象がかなり良くなるでしょう。しかし、中には矯正中にホワイトニング治療を受けられる場合もあります。

 

 

それはブラケットを歯の裏側に付けている場合や、ブラケットではなくマウスピースを使っている場合となっています。

 

一般的にはブラケットを歯の表面につけることになるため、歯を白くする薬剤をしっかりつけられないことがあります。歯の表面に何もつけない方法なら問題なくホワイトニング治療を行うことができるのです。まずはドクターに相談してみると良いでしょう。