着色汚れにはホワイトニング

MENU

色の濃い飲み物は色素沈着の原因に

ホワイトニング

 

朝起きたときや仕事中のコーヒー、ティータイムの紅茶、食事中のワインや食後の緑茶、リフレッシュしたいときのコーラなど、色の濃い飲み物を普段からよく飲む人は色素沈着が起こりやすいので、どんなにしっかり歯磨きをしていても着色を避けられず全体が黄ばんでしまったり暗い色になってしまいます。

 

放置しているとますます色素が蓄積されて落ちなくなってしまうこともあるので、気になってきたら早めにホワイトニングを行うのがおすすめです。

 

コーヒーや赤ワインを飲むことをやめればある程度色素沈着を遅らせることもできますが、好きな飲み物を我慢するのは難しいし朝はやっぱりコーヒーを飲まないと目が覚めないという人もたくさんいます。

 

食事も赤ワインなしでは楽しめず、ティータイムに水を飲むのもあまり気が進みません。ホワイトニングを活用すればコーヒーなど色の濃い飲み物を飲んでもきれいな口元をキープできるようになります。

クリニックを定期的に受診するのが有効

着色の原因は表面のエナメル質が傷ついていることや虫歯ができている可能性もあるので、定期的にクリニックを受診してホワイトニングを受けるのが有効です。口の中全体をチェックしてもらえるので異常がないか調べて早めの治療ができます。

 

専門の機材を使って表面を研磨してエナメル質をコーティングしたり、ブリーチする方法で根本的に色を白くしたり、好みの明るさに仕上げてもらうことも可能なので憧れの芸能人のようなきれいな口元を手に入れられます。

 

ブラッシングがあまり得意でない人や力を入れすぎてしまう人も、着色を落とそうとして頑張って磨くと逆に表面に細かい傷を作ってしまい、ますます色素沈着が進んでしまうことがあります。専門家に任せれば正しい方法で磨いたり特に汚れが目立つ部分だけを集中的に白くしてもらえるので、ムラのない均一な色になって優しくケアすることにつながります。健康面からもクリニックの受診が有効です。

お手入れグッズにこだわるのもおすすめ

自宅で毎日ケアしたいときにはお手入れのためのグッズにも注目してみましょう。コーヒーやお茶、赤ワインに含まれているステインという色素を除去して表面を白くする効果のある歯磨き粉や、研磨剤の入ったもの、イオンやアミノ酸、タンパク質やミネラル、酵素などを配合して自然の力で色を白くできるタイプなどいろいろな製品があるので、毎日使い続ければ自宅でホワイトニングが行えます。

 

ブラッシングも毛先が細かくて細部まで磨けるものや表面を傷つけないような柔らかい毛のブラシ、ポイント的に磨けるブラシなどを使うと本格的なお手入れができて、ホワイトニングのときに有効です。ブラシとホワイトニング剤がセットになっている市販の商品もあるので最適な方法で磨くことができます。

 

コーヒーやワインを飲んだあともしっかりホワイトニング処置を行えば白い歯をキープできるので、着色汚れが落ちなくてもあきらめずに挑戦してみましょう。