コーティングとホワイトニングを比較

MENU

ホワイトニングのメリットについて

ホワイトニング

 

ホワイトニングとは、歯を白く見栄えをよくすることができ、普段色が気になって大きく口を開いたり笑ったりすることができないという悩みをもつ人に最適のプランとされています。

 

ホワイトニングの利点としては、まず歯を削らなくても良いということが挙げられます。 他の加工方式では歯を削ることで見栄えを良くしますが、ホワイトニングはそのようなことをせず歯の表面に薬剤を添付することによって白くさせるため、形が変わってしまうこともなく食事のときの違和感も無いというのが最大の利点と言えるでしょう。

 

また、色調や明度を要望することが可能ということも特徴のひとつで、目立つほど明るすぎないように調節したり、隣とできるだけ同じ明度にしたりすることで不自然さを無くすことが可能です。

 

一方で、コーティングと比べるとホワイトニングは施術の料金が高額になることも特徴として挙げられます。 ただし、セラミッククラウンなどと比べると安価に済ませることができます。

コーティングのメリットについて

コーティングを選ぶ利点としては、比較的短時間で白く見栄えをよくすることが可能であることと、ホワイトニングや他の加工方式と比べて安価なためお金の節約もできるという点にあります。

 

また、着色の強い詰め物や、詰め物が見える金属の部分についても対応している点がホワイトニングと違うポイントのひとつです。 コーティングは白いプラスチック材を上から被せるかたちで使用するため、もともとある詰め物などの影響を受けることがなく、気になる金属部分についても対応しているのが特徴となります。

 

また、白くする対象は一本から可能で、例えばホワイトニングで一本だけ詰め物などの影響で白くならなかった場合にこの方式を利用するといった、バックアップとしても利用することができる対応の幅の広さも利点のひとつと言えるでしょう。
料金が安価であることも強みで、気軽に始めることができるという点も利点とされています。

両者における共通のメリットについて

ホワイトニングとコーティングの共通の利点としては、短時間で白い歯を手に入れられるという点にあります。 

 

少しコーティングの方がより短い期間で完了しますが、セラミッククラウンなどの方法と比べると両者の施術完了までの期間は同様に短いと言えるでしょう。

 

また、歯を削らないという点も共通している特徴のひとつです。 そのため自分自身はもちろんのこと、会話をしている昔ながらの友人などにも違和感を与えることなく話すことができ、また食事などでも噛み合わせに違和感を感じることがないため、施術前と変わらない生活を送ることができるという精神的な安堵感があることが利点となっています。

 

負担や副作用が存在しないということも共通している利点と言えます。 削ったり抜いたりといった口内の環境を大きく変える施術をしないため、口内の状態という物理的な面だけでなく、施術後の心理的な負担も少ないということも大きな利点とされています。