審美歯科治療のホワイトニングメニューについて

MENU

一般的なホワイトニングの方法とは

ホワイトニング

 

審美歯科治療における、一般的なホワイトニングの方法としては、過酸化水素(濃度30〜35%程度)を含むホワイトニング剤を歯に塗布して、LEDやレーザーなどの光を当てて熱を加えることで、過酸化水素が酸素と水に分解します。

 

この時に発生した酸素がエナメル質内部の色素を分解し漂白することで、歯を白くすることができます。

 

ホームケアの場合には、マウスピースを使い、薬液を付けて行っていくことが多いのですが、クリニックで行うものを、オフィスホワイトニングと呼ぶことが多いです。また、自宅で行う方法と、クリニックで行う審美歯科治療を並行して行う方法もあります。

 

クリニックで行ってから、24時間以上たってから、自宅で行いますがマウスピースを装着する時間が2時間はかかりますので、組合せて行う方法は、可能かどうかというのも、事前に確認をしてから治療を進めていくことが大事です。

 

まずはカウンセリングから始めていきましょう。

ラミネートベニア法なら2回で完了する

審美歯科治療で行うホワイトニングでも、色いろ種類があります。

 

薬液を使い、レーザーを当てるというのは一般的ですが、その方法は数回治療を受けなければなりません。
しかし、今注目されている方法として、ラミネートベニア法があります。

 

これは、約2回で終了してしまいます。短期間で歯の色を変えたい方

 

ホワイトニングで歯の色の改善が難しい方、先天的な遺伝による変色や薬物による歯の変色がある方、少範囲の歯並びの改善をしたい方、歯の形が気になる方に適している方法と言えます。

 

薬液では白くならないというケースもありますが、ラミネートベニア法でしたら、神経がある歯であるなど、条件がありますが、白くするということに関してはとても効果が高いと言われています。

 

また、長期間にわたって、歯の変色がしにくいという特徴がありますので、長く持続させたい方にもおすすめです。
歯の色を任意で決められるというのも好評です。

日々の心がけも重要なポイントです

せっかく審美歯科治療でホワイトニングをしても、たばこ、コーヒー、紅茶、カレーなど、歯が変色してしまうという原因になってしまう食べ物や飲み物を常飲常食してしまいますといけません。

 

変色しにくいラミネートベニア法でしたら、その点あまり気にすることはないかも知れませんが、綺麗な歯を維持するための生活習慣も意識していきましょう。

 

また、定期的な歯医者でのメンテナンスによって、汚れを取り除いていくこともできますので、ホワイトニングをした際には、メンテナンスとしてスケーリングなども行っていくようにしましょう。

 

高濃度の薬剤は歯を溶かすと思われている方もいますが、唾液中のカルシウムが歯の表面に吸着する「再石灰化」が起こりますので、ホワイトニングや飲食物によって歯が溶けることはありませんので、心配することはありません。

 

ただし、知覚過敏が起こりやすくなったというケースがまれにありますので、歯磨き粉などで対応していきましょう。